日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(159)
元気系(76)
いやし系(71)
恋愛系(29)
バカップル系(35)
子育て系(8)
ペット系(119)
グルメ系(25)
レシピ系(12)
ダイエット系(11)
自慢系(1)
グチ系(20)
オシゴト系(11)
観察系(167)
旅行系(27)
釣り系(2)
映画系(21)
音楽系(26)
スポーツ系(7)
ゲーム系(2)
アニマン系(7)
ちとエエ話系(1)
今日の一句系(30)
ポエマー系(14)
小説系(10)
秘密系(4)
社会派系(11)
不幸系(15)
闘病系(29)
オトナ系(4)
先月末、
ご無沙汰...
襟裳岬の...
ヨシー・...
撮ったど...
北海道神...
北海道神...
今日は、
今日の朝...
神の悪戯? ...
早急に取...
吉井和哉...
アイボ(愛...
最近はラ...
10月26日
衣替え(ロ...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 古(いにしえ)の地へ….子育て系日記
諧讌朋念佳(前セピア)
諧讌朋念佳(前セピア)とりあえず系元気系いやし系恋愛系バカップル系子育て系ペット系
グルメ系レシピ系ダイエット系自慢系グチ系オシゴト系観察系
旅行系釣り系映画系音楽系スポーツ系ゲーム系アニマン系
ちとエエ話系今日の一句系ポエマー系小説系秘密系社会派系不幸系
闘病系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆53〜54才 1963(昭和38)年 札幌/小樽/室蘭在住 不定期休み 既婚 ◆離婚×1 ◆子供無し 車無し お酒を飲める 喫煙しない ギャンブルしない
◆趣味・興味: 音楽, 映画/ビデオ
作家QRコード
作家QR
 コード 
整然粛々と流るる河の如く、 心研ぎ澄まし太古の響きに身をゆだねたい。 自ずと分岐する河は数在れど、 逆流する河は無い。 源流を尊んで支流を生きるのが自然の摂理。 在りのままの歴史の中に応えがある☆
 
2017年12月
     1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
      

→このジャンルの最初の日記
→全部で954日記/子育て系日記が8日記

 次を見る>
そっか…
すでに、新しいボーカルを迎えてたんだ…

そうだね

現実的に迷いを断ち切ってあげる事も愛だよね

うん!新生……の成功を祈るよ

それが、彼の原動力になると信じてるから

彼には、焦らずに一歩ずつ確実に歩き出してほしい



そう言えば、、昨日の日記、彼女の目に触れたかな…

色々と忙しそうだから、人の日記を読んでる余裕は無いかな…

もし読んでくれたにしても、彼女が執着から逃れるのは容易くないんだろうな

私なら、相手にとって自分が[ONE OF THEM]だと知った時点でスパッと心を切る

そりゃあ私にも、情けが邪魔して容易に別れられなかった人もいたけど、

心のベクトルは、終わりに向けていた

[ONE OF THEM]野郎に、大切な心と時間を費やすなんて、

自分への冒涜だよ

自分を貶めてまで、そんな所に身を置きたいのかな。。。

大切な命を抱いたまま、ぬかるみに足を踏み出そうとするなんて…

心から貴女を愛する人は、大切な命を抱いた貴女を、温かく包んでくれる

今は不安で仕方がないのだろうけど、

大丈夫!!焦らないで



昨日の日記は自分の事だけじゃないから消しますね

ご迷惑をお掛けしてしまった方々へ

済みませんでした

お陰様で、私にも得る事が幾つか有りました

有り難うございます

2012/3/23   13:05   八戸近辺にて

子育て系日記

つながり >1 >2 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)



追伸:
前文(消しました。)の表現にキツイ部分がありましたらば、深く謝ります

あなたが提示した詞は、驚くほど真をついています

けれど、

それを読み取る余地が、今の彼女にあるのか…

誰をも巻き込む事の無い男女二人だけの遣り取りならば、どれほどの時間を費やし互いを遊んでも構わないけれど、、子は待てない

子は、母の懐で呼吸(いき)をしている

彼女には、春の陽気を深く吸い、呼吸を調えてほしいと急ぎ願う

2012/3/22   13:11   八戸近辺にて

子育て系日記

つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
ブルガリ プールオム オードトワレ EDT 100mL 香水
ブルガリ プールオム オードトワレ EDT 100mL 香水 ()



惑わされないで!!!ハート
昨日は、ぷかりぷかり私事を思い出しながら色々と考えてた


青森は放送が遅くて、未だに、だいすけ君の追悼番組どころか最後の旅すら視れてない私には、<だいすけ君の死>の実感が薄く、未だに切なくて悲しくて悔しくて割り切れない思いが渦巻いている

時々、チャンネルを合わせて視る程度だった私が、こんな感情を抱くのは<お門違い>だけど…、悔しさが消えない

なんで、生きてる間に大切に視なかったんだろう。。。

昨日、[あと何回だいすけ君(ラブラドール)に会えるんだろう?]と思い、情報を探しつつ2チャンネルを読んでたら、

中学の時に、我が家に来た生後半年の仔犬の事を思い出した

グレて出突っ張りの妹の気持ちを家に戻す為、両親が考えた苦肉の策が仔犬(シェットランド・シープドッグ)を飼う事だった

けれど、そんな事で妹の気持ちが戻るはずもなく、

犬の散歩は私の担当、食事は父の担当、風呂は交代制だった

臆病で大人しい雌犬のラッキー

散歩がてら母の店(理容室)に連れて行くと、慌てて理容椅子の足元に潜り込み震えたラッキー

多分、、我が家に来る前に動物病院で怖い目に遭ったのか…

理容室の消毒の匂いや白衣を見て怖さが蘇ったのだろう

どちらかと言うと犬派で、仔犬を見ると萌え萌えしちゃうくせに、成犬には怖くて近づけない私が、唯一触れ合う事の出来る犬だった

(小学に上がる前に犬に噛まれた薄い記憶があり、トラウマになってるのかもしれない)

大人しくて可愛いラッキー

普段は外飼いで、食事の時だけベランダの前にチョコンと座る

生後半年で列車に揺られやって来たラッキーは、家の玄関に降り立った瞬間、胃の中のドッグフードを吐ききった

それ以来、ドッグフードを口にしなくなったラッキー

毎食、食事担当の父が、ラッキー用の一品を作って与えた

Sっ気のある私は、ラッキーを困らせるのが好きで、今思えば申し訳ない事を沢山した

食後、満足し、寛いでるラッキーの顔に薄いサラシを乗せ、[お顔こりこり]しながら払いのける姿が可愛くて萌え萌えしたり、

階段を降りれないラッキーを二階に連れて行き、そ〜っと一匹にして、私を探しクゥ〜ンクゥ〜ンと鳴く声を聞いて癒されたり、

雪が積もる庭で追いかけっこし、突然、パタッと雪に突っ伏して固まり、ラッキーが困る様子を見て楽しんだり…

私は、ラッキーに対し、阿呆な事ばかりした

私が高校から帰ると、父が寝転ぶソフアーに一緒に寝転んでいて、

私に怒鳴られ、一目散に庭に逃げ出したラッキー

父は、ラッキーを猫っ可愛がりした

私が高校を卒業し家を出てから、ラッキーに対する父の愛情は益々強くなり、

数年後、、ラッキーを病気で亡くした父はペットレスに陥って、毎日酒を煽り肝硬変になり入院して亡くなった

ラッキーの死因は感染病

あの頃、大きくて黒い成らず犬が町を闊歩し、あちこちの雌犬を我が物にした

高い塀で囲まれた我が家の庭にも成らず犬がやって来て…

父がラッキーの体の異変に気づいて、急いで動物病院に駆け込んだが、手遅れだった

今さら言っても仕方の無い事だが、保健所は何をしてたんだ!!

苛めっ子の私が帰省した時にも、尻尾を振りながら立ち上がり、シッコを漏らし喜んでくれたラッキー

そのラッキーが亡くなった時、私は忙しい仕事の渦中にいて、基本的な感情が忙殺されていたのか、

電話でラッキーの死を聞いた後も、坦々と働いた

現実的な私は、ラッキーが亡くなった悲しみより父の落ち込みを心配した

そんな風にラッキーの死に対し非情だった私が、だいすけ君の死で動揺するなんて、、やっぱり<お門違い>としか思えないのだが、

きっと、ラッキーを亡くした時の悲しみを真正面から受け止めなかった後悔が相乗されているのだろう。。。

そんな事を思いながら、黒犬が実家の高い塀を越えた不思議を考えてたら、

夕方のニュースで、[ペンギンが高い岩囲いを越えて逃げ出し、海にいた]と言うニュースが流れ、

もしかしたら、、黒犬は塀を越えたんじゃなく、地べたの隙間を掘って実家の庭に侵入したのかもしれない…と、今さらながら考えてた


なんかね、、、

悲しむ事も、喜ぶ事も、怒る事も、笑う事も…、後回しにせず、

その時、その場で発するべきだと思った

そうしなかった私の胸の奥には、厭な後悔が残ってたんだなぁと、つくづく思った


お願い!!

悪魔に惑わされないで、目の前の大切な命に目を向けて

その<命>の有り難さを感じて

その悲鳴から目を耳を心を逸らさないで!!!

どんなに、もがいても足掻いても、母は貴女だけなの

心が壊れてしまったら、二度と戻らない。。。

願い、届け!!!

2012/3/6   19:07   八戸近辺にて

子育て系日記

つながり >1 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
Apple iPod nano 4GBホワイト [MA005J/A]
Apple iPod nano 4GBホワイト [MA005J/A] ()
ウケタ
0
泣けた
1
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



鬼ババァ
近所の子供達が我が家の軒下に遊びに来る

夏場もバタバタと走り回り賑やかな時があるが、サッカー以外の遊びなら、目をつぶってる

ガーデニングをやめ、空き地にしてるから、囲いの無い我が家の敷地は入りやすいのだろう

目の前に公園があるのだが…なぜか子供達は家と家の狭間で遊ぶのが好きみたいだ

けれど、冬場は危ない!

ここら辺の集合住宅は三角の屋根で、屋根の上に積もった雪が昼の陽射しで融け夜の寒気で氷るを繰り返して、気温が緩んだ時に氷の塊になって落ちてくる

ゴゴゴゴゴォーン…ドッスン!!と大量の塊が落ちて家が揺れる勢いだ

軒下にいる時に落ちて来て頭に当たったら、ひとたまりも無い

当然、よそ様が通る道では無いので、私達も怖くて、軒下から離れて長い棒でツララを落とすぐらいしか出来ない

昨日も、子供達が我が家と隣りの家の狭間にやって来る声が聞こえたので、ベランダの窓を開けて叫んだ

もちろん、声の振動で氷の塊が落ちて来たら大変なので、声を加減しドスを効かせて叫んだ

非常に難しい(苦笑)

『お兄ちゃん達危ないよ!!屋根の上は氷の塊なんだよ!!落ちて来て当たったら死んじゃうぐらい固いんだよ!!』

『屋根の下から離れなさい!!』

すでに軒下で転がって遊んでる子が居たので、『そこの転がってる、お兄ちゃん!屋根の下から離れなさい!!本当に危ないんだよ!!』と叱った

それでもキョトン?として、なかなか起き上がってくれないお兄ちゃんを『今すぐ離れなさい!!離れろ!!』と恫喝して、やっと離れてもらった

けれど、三人の男の子達が隣家の庭に向かって歩き出したので、

[怖い鬼ババァの居ない所で、まだ遊ぶ気だな]と思った私は『オバチャンでさえも怖くて屋根の下には近づけないんだから!、何処で遊んでも良いから屋根の下からは絶対に離れてね!!』と念を押した

すると、なんと言う事でしょう

とっても素直で綺麗な『は〜い♪』の三重唱が聴こえ来て、オバチャンは気持ちが良くなってしまいました

おいおい、オバチャン!気持ち良くなってる場合じゃないでしょ!?

子供達に、怖い鬼ババァが居ると恐れさせないと、また遊びに来ちゃうよ

ふぅーーーー

ほんとはね。。子供達の遊びたい気持ちがよく解るから遊ばせてあげたいんだ

三人の男の子の手には大きなツララが握られていて、自分が子供の頃に雪の上を転がり回って遊んだ事を思い出したから

でも、危険は危険!

心を鬼にしよう

2012/1/18   13:00   八戸近辺にて

子育て系日記

つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
えいご日記  Amazon.co.jp特別企画商品
えいご日記 Amazon.co.jp特別企画商品 (PC ソフトウェア)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



むやみに子供を否定せず、
長所を伸ばせば、開花するんじゃないかな?

そこを見極めるまでが親の努めで、後は子供自身に任せる

一番大事なのは自発性、やる気を育てる事だと思う

なかなか難しい事だけど、好奇心旺盛な子供の好奇心をくすぐれたらラッキー!だよね

私は子育て出来なかったけど、、自分が子供の時に親がしてくれたら良かったな〜と思う事を書いてみました

私の母親は忙しかったから細かい所まで気が回らなかったけど…

それでも、漢字や九九は、合間をみて、丁寧に教えてくれた

一年生から習字を習い始めて、二年生で自分の名前を漢字で書く事になった時は焦った

学校で習ってた漢字と比べようが無いくらい複雑で…

それを細筆で、バランス良く小さく書かなくちゃならない

漢字で泣いたのは、この時だけ(苦笑)

算数も教えて貰ってたのに、なぜ、量りの計算で馬鹿な真似をしちゃったのかな?

普通に右回りで量りを読めば簡単な問題なのに…

必死に左回りで目盛りを数えて計算して0点

なのに、先生も母親も指摘してくれなかった

自分で気づいてアチャー!

淋しかったなぁ

そんな風に母親は一生懸命してくれたけど、社会科系は苦手だったのかな…

父が単身赴任じゃなかったら、色々と教えて貰えて興味を持てたのかな〜と思ってる

勉強でも何でも、興味を持って取り組めるかが鍵だよね

あと、一番大事な事は、子供の能力を否定しない事

私は幼い時に中耳炎になって、病院で治療して貰ったらしいんだけど、

耳の中に入れたガーゼを取るのを、一ケ月以上忘れていたらしくて、

私に話しかけても反応が鈍くて、変だなぁ?と思いつつ、一ケ月以上も経ってから気づいたんだって

その時のイメージなのか、母に『お前は運動神経が鈍い』と言われ続けて育ったものだから、体育の時間は怖かった

個人競技は、それなりにこなしてたけど…

団体競技は、皆の足を引っ張るかもしれないと思って怖かった

体育の時間、ドッヂボールをしてる時に先生から『〇〇ー!!』と叱責の声が飛んできた

驚いて先生を見ると、

『あなたは何故、手を後ろに組んでドッヂボールをしてるの?ふざけてるのか!?』と叱られた

私は大真面目で、[運動神経が鈍い私がボールを持ったら仲間に迷惑をかけてしまうから、せめてボールに当たらない様にしよう]と必死に取り組んでたのだ

それより何より、自分が腕を後ろに組んでる自覚が無かった

その時を切っ掛けに、恐る恐るボールを受ける様になったけど、人並みに競技が出来る自分に驚いた

私を叱ってくれたのは、大好きな女性教師

有り難かったなぁ〜♪

子供の心はナイーブ

大人の何気ない言葉が心に刺さる

大人の感覚で型にはめようとしたら、歪みが生じるかもしれない

のびやかに育てるのが一番かな

あ!私たち姉妹の様に、どちらかに妬みが出てしまう事もあるので、、兄弟姉妹のバランスにも心を注いで欲しいな

こうして書いてみると、親って凄いんですね

お疲れ様ですm(__)m

2011/2/4   16:57  

子育て系日記

つながり >1 >2 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト【メーカー生産終了】
ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト【メーカー生産終了】 (ゲームソフト)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



んーーーーー変だなぁ
味覚なのかな…?
臭覚なのかな…?
なんだか、変



産まれてこの方、食べ物の好き嫌いをした事が無かった私

勿論、苦手な物は有る

生ぬるいホヤとか

活きの下がった魚介類など体調を崩しそうな食べ物は避ける

ゲテモノ以外の、一般的に食用されている食べ物なら何でも食べられる

そう自負していたのに、、ショックだ!!



母は厳しい人だった

<食べ物の好き嫌い>を一切許さなかった

幸いにも私には嫌いな食べ物が無かったので、辛い事はなかった

あの日を除いては、、

今にして思えば、あの頃の我が家の経済状態は酷く厳しかったのだろう

ある朝、食卓につくと、丼の中に何となく白い?食べ物?が入っていた

我が家は時々、冷や飯を牛乳で煮込んだ牛乳雑炊を食べていたので、その類いだと思って口に運んだ

『ぐっ!…???』

とても青臭く薬っぽい味が口中に広がった

[何だろう…?食べられない]と思い、妹を見ると、妹も複雑な表情で丼を見つめていた

私は『お母さん、、これ、、変な味がするよ』と母に訴えた

母は恐ろしい顔で、
『それを食べないのなら、もう何も食べなくていい!!』と言った

私たち姉妹は、得体の知れない物を必死に口に流し込んだ(夜も食べた)

多分、あれは、カビが生えてしまったパンのカビの部分を取った後に、牛乳と砂糖で煮込んだ物だったのだろう

けれど、カビが取り切れてなくて酷い味になってしまったのだろう

お腹を壊す事は無かった

不味くても食べられるだけ有り難かったのだ

確か、、あの時に母は、何も口にしていなかったと思う

食費を削って従業員の給料を捻出していたのだろう

母の【辛抱】のお陰で、そんな事を自覚する事なく私達は大人になってしまった



日銭の入る商売は子供に錯覚を起こさせた

私達は小学校に上がる前から一日30円のお小遣いを貰っていた

今から四十年前、、30円あれば、近所のスーパーでエビセンやキャラメルやチョコレートなど三つの菓子を買っても、合計27円で3円のお釣りがきた

それを貯めて十円玉に替えて机の引き出しの筆記具入れ(幅30cm)に並べて置くと、十円玉の列が三列できた

母が苦労している時に、子供というのは呑気なものだ



ゆっくり母と会話らしい事をしたのは、私が成人してから

資格を取って母の仕事を手伝う様になって、やっと母と向き合う時間が出来た

その時に初めて、母の好物が葡萄だと知った

私達を育て、父の入院費用を払う為に、何年も葡萄を食べずに我慢したのだそうだ

何とも言えない気持ちになった

その時、今まで以上に、《食べ物は有り難く、感謝の気持ちで頂く》と誓った

(あ!風邪っぴきの時に『西瓜が食べたい』と贅沢を言って御免なさい)

なのに、、、

今まで美味しく食べられていた物が、匂いの段階で私を拒絶する

【鶏皮餃子】

近所のスーパーのお惣菜、まだ二、三回しか頂いてないけど、とっても美味しく頂いていた

それを、口に入れられない

外の鶏皮部分に異状は無いのだけど、一噛みすると、尖った臭気が鼻を刺す

何度トライしても、口に入れる事が出来ない

父ちゃんに匂って貰ったけれど『別に異状は無いよ』と言って事もなく食べてしまった

食べ合わせが悪いのかと思い、次の日に再トライしたけれど、無理だった

激しく落ち込んだ

けれど、一つ、思い当たる事がある

その日の昼に【長葱たっぷり載せ豚骨ラーメン】を食べたのだ

生の長葱が、たっぷり載っていた

なのに、臭みや辛味が殆んど無くて爽やかなシャキシャキ感でペロリと平らげた

あの長葱の処理に、
臭覚をコントロールする秘策を使ったのでは無いかと、勝手に思っている

そう思えば、鶏皮餃子も、ほとぼりが冷める頃には、また美味しく頂けるのでは無いかと思えるから

それなのにまた、昨日、異様な臭気を放つ物に出会ってしまい、落ち込んでいる

【チーズのオカキ】

チーズは好きだ♪

ブルーチーズは臭いけれど、美味しく頂ける

はずなのに、チーズオカキの外の袋を開けた瞬間、何かが私の目と鼻を攻撃して来た

ぐっ!と堪えて、中袋を開けてオカキを食べたが、私の周りが強烈な臭いに包まれた

はぁ〜〜〜、これ以上苦手な食べ物が増えると、自分を嫌いになりそう

昔、講習会で[食べ物の好き嫌いが多い人間は、人の好き嫌いも多い]と聴いた

私は子供の頃から、
[食べ物で贅沢を言う人間とは、心から付き合えない]と思っている

だから何としても克服したい!!



そんな私だから、この間の夜は鼻血が出そうなほど頭にきた

お門違いも甚だしい

今までは馬鹿だなぁと苦笑いしながら楽しませて頂いてたけれど、あそこまで愚かだったとは…

怒り過ぎて、他人事だと割り切れなくなった

あんな奴が自分の配偶者なら一生暗い気持ちになるだろう

父ちゃんも前旦も貧乏な家庭で育った為か、根性があり、物を大切にする人だ

尊敬している



あんな奴、何も食べられなくなればいい!!!

2010/11/9   10:26  

子育て系日記

つながり >1 ...日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



今、なの?1
いつかは母と対峙しなくては成らない時が来る。と、思っていたけれど

こんな形で、こんな早くに来るとは…

正直言って、心の準備も覚悟も出来ていない



昨日、妹からメールが入ったので、一ヵ月ぶりに妹に電話をした

一ヵ月前に当座の生活に困らない程度の送金をしたので、毎日を楽しく過ごしてくれていると思っていた

楽しみにしていた旅行にも行ったものと思っていた

ところが、現実は…

諸事情により遠出を諦めて、夫婦で私達の実家に泊まり掛けで遊びに行ったらしい

そこで母と妹に軋轢が起きた

母も75になり、仕事も辞め、少しは穏やかに成って来たと、妹は思っていたらしい

私も、母に、そう在って欲しいと願い、母の事は全面的に妹に委ねていた

当然に、全ての権利を妹に渡そうと決めていた

その流れに何の心配も不安も無かった

ところが、妹の中には、幼少期から母に甘える事の出来なかった淋しさと、何を言っても聞き入れて貰えなかった辛さが傷になり、長いこと心の奥で燻っていたらしい

驚いた

母に対して、そんな気持ちを持っていたなんて…

全く気付かなかった

心底、私が妹に生まれてくれば良かったと思う



妹は、生まれて何ヵ月かで、父方の親戚に二歳まで預けられた

朝から夜まで働き詰めの母には、子供の面倒を見る時間が無かったらしい

近くには私の乳母になってくれた[バアチャン]も居た

([バアチャン]とは血の繋がりは無いけれど、本当の祖母の様に甘えさせてくれた)

なのに妹は、遠くの親戚に預けられる事になった

幼稚園を経営していた父方の親戚は、お金に困っていたらしい

母は、月に10万円を払って、親戚に妹を託した

40年前の10万円、大変な額だ

母も相当に苦しかったと思う

それと同時に、父は何をしていたのだろう?と、不思議に思う



そして、二歳になった妹が家族の元に戻ってきた

幼少期、私たち姉妹は仲が良かった

いつも妹の友達と私の友達、ごちゃ混ぜになって遊んだ

妹の保育所のお迎えも私が行った

そして私は、妹が小学校に通い始める頃から、妹を羨ましく思う様になった

何故なら、二歳違いの妹の、机やランドセル、小学校の教材、全てが垢抜けて見えたから

そして妹は、友達も多かった

家に妹の友達を招いて誕生日会もやった

更に、妹の口癖は

「私には、お母さんとママの二人がいるの♪」

本当に羨ましかった

だけど、二人の間に不平等を感じた事は無かった

いつも母が縫い、母が編んでくれた揃いの服を着て一緒に遊んだ

なので、妹が、私のお下がりを着る事は無かった

忙しい中、母は一生懸命に私達を育ててくれたと思う(父は、私が中学に上がる頃まで単身赴任をしていた)

ところが、妹が小学三年生の時に驚く事が起きた

いつもの様に朝の食卓を囲んでいた時、妹が突然に泣きだしたのだ

「私は、この家の子供じゃない!」と泣きじゃくる妹を見て、私は何が起きたのか解らなかった

驚いた

楽しく仲良く平凡に暮らしていると思っていた

だけど、妹の心中には釈然としない何かが有ったのだろう

その頃から姉妹のバランスが少しづつ崩れ始めた

妹が私を「赤の他人」と詰り始めたのだ

理由の判らない私は、黙って受け留める事しか出来なかった

そして

中学に上がり妹の非行が始まった

学校に呼ばれ、警察に呼ばれ、母も大変だったと思う



その頃、父の単身赴任が終わり、父が家に戻ってきた

ところが、母が私に洩らした心ない言葉が切っ掛けで、私は父を憎む様になってしまった

私は、父との会話を避けた

小さい頃から[お父さん子]だった私が、父に反抗した

父には、とても淋しい思いをさせてしまったと思う

私の人生の大きな失敗であり後悔だ

本当に、父には申し訳ない事をした



その最中に妹が非行に走り、父の刄は妹に向かった

夜遅くまで仲間と遊んで帰ってくる妹を待ち構えて折檻する父

毎晩、父の罵声と妹の泣き叫ぶ声が響いていた

妹がグレ始めた理由が判らない私は、妹を説得する事も出来ず

ただ、父の怒りが早く収まる事を祈るしか無かった

そんな私でも、妹に対する父の暴力が始まった当初は、体を張って妹を守った

そして、自分の非力を思い知った

更に私は父を憎んだ

全てが悪循環だった



そして妹は17で家を出た

今になって思う「あの環境で17まで耐えた妹は凄い」と

私は、あまりにも幼な過ぎた

ただ真っすぐに生きる道しか知らなかった

私にはグレる理由が無かった

グレた妹を羨ましくさえ思った

妹が私より何歩も前を歩いている様に思えた



そんな中で、妹は淋しかったのだ

両親が私を可愛がり、依怙贔屓していると、幼少期から思っていたらしい

2006/10/12   15:56   八戸近辺にて

子育て系日記

つながり >1 ...日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0
 次を見る>


[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています