日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(159)
元気系(76)
いやし系(71)
恋愛系(29)
バカップル系(35)
子育て系(8)
ペット系(119)
グルメ系(25)
レシピ系(12)
ダイエット系(11)
自慢系(1)
グチ系(20)
オシゴト系(11)
観察系(167)
旅行系(27)
釣り系(2)
映画系(21)
音楽系(26)
スポーツ系(7)
ゲーム系(2)
アニマン系(7)
ちとエエ話系(1)
今日の一句系(30)
ポエマー系(14)
小説系(10)
秘密系(4)
社会派系(11)
不幸系(15)
闘病系(29)
オトナ系(4)
先月末、
ご無沙汰...
襟裳岬の...
ヨシー・...
撮ったど...
北海道神...
北海道神...
今日は、
今日の朝...
神の悪戯? ...
早急に取...
吉井和哉...
アイボ(愛...
最近はラ...
10月26日
衣替え(ロ...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 古(いにしえ)の地へ…「<単純>て治らんの?」
諧讌朋念佳(前セピア)
諧讌朋念佳(前セピア)とりあえず系元気系いやし系恋愛系バカップル系子育て系ペット系
グルメ系レシピ系ダイエット系自慢系グチ系オシゴト系観察系
旅行系釣り系映画系音楽系スポーツ系ゲーム系アニマン系
ちとエエ話系今日の一句系ポエマー系小説系秘密系社会派系不幸系
闘病系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆53〜54才 1963(昭和38)年 札幌/小樽/室蘭在住 不定期休み 既婚 ◆離婚×1 ◆子供無し 車無し お酒を飲める 喫煙しない ギャンブルしない
◆趣味・興味: 音楽, 映画/ビデオ
作家QRコード
作家QR
 コード 
整然粛々と流るる河の如く、 心研ぎ澄まし太古の響きに身をゆだねたい。 自ずと分岐する河は数在れど、 逆流する河は無い。 源流を尊んで支流を生きるのが自然の摂理。 在りのままの歴史の中に応えがある☆
 
2017年11月
   1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  

→最初の日記
→全部で954日記

<単純>て治らんの?
昨夜、日曜日の[雨降らしカウントダウン!]について父ちゃんに真顔で訊いたら、

何の事はない、ドシャー!!と大雨が降る三秒前、空に閃光が光ったそうや

父ちゃんの経験によると、大抵は空に閃光が光った三秒後ぐらいに大雨が降るんやて

へぇーー

半世紀も生きとるのに知らん事ばかりや

正直、アメオの事を[凄げーほんまもんの雨男や!]と信じそうになった私は、ほんまもんの阿呆

何でも信じやすい単純な性格やと、我ながら呆れとる

信じやすいと言えば、最近、騒がれとる洗脳

洗脳しやすいタイプって、あるんやろうな

それと各々の洗脳しやすいタイミングとかね

大抵は信頼してた人に裏切られた後や大病を患って不安になってる時、自分や身内に不幸が重なってにっちもさっちも行かなくて心身が疲弊してる時などに[藁にもすがる思い]で信じてしまうのやろな

人の心の隙を狙う悪徳商法なんて許せんけど、永遠に無くならんな

無くならんからには、こっちが騙されん為の自衛策を講ずるべきやと思うし、学校で実践的に教えるべきやとも思う

けど、それなりの経験が無いと、騙される側の心理を説明するんは難しいんかな

かと言って、騙す方の手口を教える言うんも変な話やし

【騙される側の心理】私の少ない経験でしか語れんけど、そんなんを書いてみる

長くなると思うけど、時間と興味のある方は、お付き合い下さいな



他人に騙された経験は数あれど、お金がらみで踊らされたのは三回

一回目は随分前に離婚した直後、、引っ越したばかりの家にピンポーン!て、当時、流行ってた?新興宗教の勧誘オバチャンが二人で来よったんよ

宗教に入る気は毛頭ないけど、離婚して鼻息が荒かった私は好奇心旺盛で[新興宗教って、どないな物なんやろ?]と言う興味はあった

興味本意で関わったら悪かん世界やのに…、危ないこっちゃ(汗)

『お話だけでも聞いてみませんか?』と誘われ訪ねて行った(怖)

随分前の事やから所々しか覚えてへんけど、行く度に同じ様な映画を一人ブースで観せられた記憶がある

今でもレンタル屋に並んでる[生きるって素晴らしい!!]みたいなテーマの映画を毎回観せられて、飽きた

その映画を観終わると、三人で向かい合って勉強会が始まる

アダムとイブの話に始まり、因縁の話、それから家系図がどうたらこうたら…

アダムとイブの話だけでも[進化論]は取っぱらって真っ晒な頭で聞くべきなのか、コレはコレ、アレはアレと割り切って聞くべきなのか判らんかった

そんな事をしてる間に数週間が経ち、、会費を請求され、

四万円を十回の分割で払うか?一括で払うか?訊かれて、面倒やから一括で払って更に通い続けたんやけど、勉強会に進展は見られず、ある日、、仮病を使ってサボタージュ

すると、大丈夫ですか?の電話が来るわ来るわ

しまいには、赤茶色い液体が入った小さい瓶を家まで持って来て、『特別に薬を処方して頂きましたので飲んで下さい』と来たもんだ

そ、そげな、何が入ってるか判らんもん…飲めますかいな(滝汗)

『食後に頂きます』と丁寧に頭を下げて、お引き取り頂いた(焦)

その後、『就職活動に励みますので退会します』と告げたら、二度説得に来よったけど、『本当に時間が無いんです!』とキッパリ告げたら諦めてくれた

四万円は勿体なかったけど、[一括で払い終えてたから拗れずに諦めてくれたんかな]とも思う

勉強代やな

悪質な所で無くて良かったけど、宗教関係は興味本意で関わっちゃ悪かん!!と心した


次は、有名画家の絵画商法に踊らされた話

軽い旅気分で訪れた町の観光案内所に置かれてた有名画家の絵画展の無料チケット

以前の私は、その画家が描くシルクスクリーンの画が好きやった

更に無料や半額が好物の私は直ぐに飛びついた

只より高い物はないと言うのに、お馬鹿さんや

その数週間前に、他県郊外のショッピングモールで不思議な会場を見つけ入った私

急逝した人気歌手の歌と絵画のコラボみたいな内容やった

会場を一周りした所に一人用のブースが幾つか在り、ブース内に座って○○○の歌をヘッドホンで聴きながらモニターの画を眺めていると、

スタッフがアンケートの用紙を持って来て…

会場に飾られてる画や雰囲気に違和感を感じてた私は、アンケート用紙を読んで、[気をつけろ!]と自分に言い聞かせた

そして、アンケート用紙には何も書かず、然り気なく会場を後にした

まさか、その数週間後、同じ様なトラップに引っ掛かるとは…

ほんま、自分の脳味噌を洗い流したい気分や

おっと、危ない!

脳を洗うと書いて洗脳、大切な自分の経験や知識を捨てて、安易に他人の価値観や思想を取り込んだら悪かん

他人のもんは参考だけにして線引きする様にせんとな

泣いて笑って転んで…自分なりの[価値観]が自然に芽生えるから、焦って他人を真似る事は無い

話を戻して、

私の場合、洗脳される取っ掛かりは[支え]を求めての物じゃなく、好奇心や同情が災いしとるみたいや

観光案内所で無料チケットを手にした私は、翌日、浮き浮きとバスに乗り、郊外に在る会場へ

玄関を入ると展示会場が二つに区切られており、不思議に思いながらも、私は案内された会場に入り色鮮やかな画家の画を楽しんだ

画を楽しみながらも、入り口の近くに架けてあった画の隅に小さく、<たすけて>と書かれていた事が気になっていた

記憶が定かで無いので、<くるしい>だったかもしれない

※ここからは、[洗脳]を[操り]と<踊らされ>と表記しようかな

<たすけて>の四文字が[操り]を意図した物か、画家の叫びが記された物かの判断はつかないが、この時点で、私の<踊らされ>は始まっていたと思う

有名な画家の画を無料で観せるなんて、下心ありありやろ?

それに気づかず、浮き浮きと会場を訪れた私は、踊れる鴨や

けどな、画を観てる間は楽しかったし、一つ目の会場には、ほんまに欲しいと思える画があったんよ

せやけど、その画には価格が付いて無かったから、画家の知名度と、その画の知名度、キャンバスの大きさから、三十万円と勝手に見積もった

初めて観たその画は、それまで私が観た画家の画の中でも愉快な画やった

一つ目の会場を出て隣の会場に目を向けると、入口の横にいたスタッフが『お入り下さい』と私を促した

私は、疑いもせず会場に入り、画を楽しんだ

一つ目の会場と違った点は、会場の至る所に白いプラスチック製(ポリプロピレン?)のガーデンテーブルが置かれ、客とスタッフが画を観ながら談笑してる点やった

そのガーデンテーブルの周囲は赤いテープで簡易に仕切られており、その赤いテープから中に入って画を観る事が出来ない訳では無いが、テープの中に居る人達が優遇され、外に居る自分が疎外されてる様に感じて近づけなかった

そんな人達を横目に、会場を出ようとした所で『もう出てしまうんですか!?』とスタッフに声を掛けられた

私は、『お腹が空いてきたので、そこの食堂で何か食べたいんです!』と何度か断ったが、スタッフは『飲み物なら有りますから、もう少し画を観ませんか?』と執拗に引き留めた

根負けした私は、スタッフから画の説明を受けながら再度会場を周り、赤いテープで仕切られた中の画を間近で観る事が出来、少しの優越を感じた(恥)

ここまで読んで頂いて解る様に、人の心とは、こんなにも単純で操つり易い物かと恐ろしくなるやろ?

え?こんなに間抜けで単純な人間は、おまえだけだ!とな!?

ほぅか。。。


問題の画の前に来た時、ついにガーデンチェアーに座らされた私は、その画の第一印象を訊ねられ率直な感想を述べた

更にスタッフは、壁から画を下ろし、イーゼルに立て架けライトアップして、私に観せた

高価な画だ『御自宅に如何ですか?』と勧められ『そうですね』と応えられる訳が無い

ジュースを飲み終えた私が帰る口実を探していると、『少し待ってて下さいね』と何処からか年配の上司を連れて来た

丁寧に挨拶され名刺を渡され椅子に促されると、要らん気ばっかり使う私は断れんかった

椅子に座ると、スタッフが『新しい飲み物をお持ちします』と言って、新しいグラスにオレンジジュースを入れて戻って来た

までは良かったが、

テーブルに乗せる手前で、スタッフがグラスを落とした

高価な画にジュースがかかっては大変!と、私はヒヤッとした

ジュースが画を汚す事は無かったが、若いスタッフが上司に怒られやしないかと更に心配になり、私は動揺した

はい! ↑これが幾つ目かのトラップですね

若いスタッフを気遣うあまり、帰り辛くなった私

なんとか画を買わずに帰ろうと思いながらもタイミングを計れずにいた

三人で画を囲み会話をしてる中で、ふと私が、スタッフに訊いた

『お兄さん、○○の船のアトラクションに居ませんでしたか?』と

十五年前に行った○○で乗った船のアトラクションで楽しく乗客を盛り上げてた剽軽なお兄さんと目の前のスタッフがダブッた私は、思ったままを口にした

すると、間髪入れずに『はい!そうですよ♪よく分かりましたね』とスタッフが笑顔で応えた

真偽の程は分からないが、声のテンションや動きがアトラクションのノリだった

この時点で、<踊らされてる自分>に気づけば良いものを…

それで正気に戻れるかは判らないけど…

一つ目の会場で欲しいと思って見積もった画の十倍額もする画を前に、『引っ越して来たばかりでクレジットカードの住所変更をしてないので、ローンは組めません』と断っても、『カードなら此所で作れますよ』と微笑む二人

欲しくもない画を新規のクレジットカードを作ってまで買おうとしてる私、どう考えても変

その会場にも、数十万円の画が展示されてたのに、『そちらの画が欲しい!!』とさえ言えなかった

『本当に欲しい画は隣の会場にあります!!』とさえも…

心とは裏腹に、勝手に口が動いてる様だった

そんな流れで申し込み用紙に記入する私

完全に、おかしい!

三百万やで、三百万

欲しい!と思った画が十枚は買える

てか、私、高価な貴金属、絵画、骨董品の類いは一切持たん

それらが手頃な価格で『こんにちは♪』してくれて、気に入ったら、[縁や♪]と思って大切に家に連れ帰るけどな

せやから、自分が三十万円と見積もった画も、究極は買わん

馬鹿高い画からの逃げ口上としては買ぉたかもしれんけど、それすら言い出せなかったんやから、恐ろしい魔法に掛かったもんや

ボーナス月は増額にして、毎月三万円近いローンを組んだ私

これから八年も、貴重な小遣いの殆んどを画に注ぐ。。。

買ぉた画の題材と同じく、心は雨曇りや(涙)

どんより落ち込んで、ふらりと入ったデパートのメイクコーナーのお姉さんにメイクされながら、軽く愚痴ってもうた

迷惑な客でゴメンな

自宅に戻って、自分を納得させようと、居間に画を飾ったイメージや寝室に画を飾ったイメージを頭に描いても、心は晴れんかった

それよりも、数日後に画が届いた時に父ちゃんに何と説明しようか悩んだ

三百万円の画を買ぉたなんて父ちゃんが知ったら頭から火を噴いて爆発するやろから恐ろしくて言えん

散々悩み、五十万円の画を買ぉたと嘘を吐き、潔く、どやされようと思った

はぁ!?全然潔く無いやろが!!この時の自分をボッコボコにど突き倒す

結局、画は、どうなったのかって?

数日後、、あの年配上司が契約後、私と会場を周りながら冗談めかして囁いた言葉を思い出したんよ

『お家に帰って、気が変わってクーリングオフなんて無しですよ』とな

この様な無店舗販売の場合、販売者が購入者に対して[クーリングオフが可能である旨を告げる義務]があるから、私の意識に上らん程度に、然り気なく囁いたんやろな

然り気なさ過ぎて思い出すのに数日掛かったわ

てか、クーリングオフの用紙は契約書と共に入ってなかったんか?

んーー曖昧な記憶やな

思い出したが吉日!

丁重丁寧な謝辞を便箋にしたため、クーリングオフの意思を伝え、内容証明郵便で送った

数日後、年配上司から電話が入り、『魔法が解けてしまったんですね』と残念そうに言われ、『すみません』と謝った

契約や訴訟に於いて、自分を否とする言葉を放っては為らないが、この方は、画家や画に関する色々な知識を私に教えてくれたから、頂いた知識と時間に対して謝辞を述べた

例え、踊らされ馬鹿にされたとしても、私は前に進むんやから

後で思い出したんやけど、あの<ジュースこぼし>、私が一つ目の会場に居た時に、他の人にも為されてたと思う

隣の会場でオバチャン達が突然どよめいて、[静かに観んかい!]と心で突っ込んだから

あの時、<ジュースこぼし>が為されてたんじゃないかと…

いと恐ろしや。。。

2012/5/9   13:57   八戸近辺にて

観察系日記

つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています