日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(160)
元気系(76)
いやし系(71)
恋愛系(29)
バカップル系(35)
子育て系(8)
ペット系(119)
グルメ系(25)
レシピ系(12)
ダイエット系(11)
自慢系(1)
グチ系(20)
オシゴト系(11)
観察系(167)
旅行系(27)
釣り系(2)
映画系(21)
音楽系(26)
スポーツ系(7)
ゲーム系(2)
アニマン系(7)
ちとエエ話系(1)
今日の一句系(30)
ポエマー系(14)
小説系(10)
秘密系(4)
社会派系(11)
不幸系(15)
闘病系(29)
オトナ系(4)
ニコッお久しぶ...
先月末、
ご無沙汰...
襟裳岬の...
ヨシー・...
撮ったど...
北海道神...
北海道神...
今日は、
今日の朝...
神の悪戯? ...
早急に取...
吉井和哉...
アイボ(愛...
最近はラ...
10月26日
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 古(いにしえ)の地へ…「私事で参考には為らないでしょうが、」
諧讌朋念佳
諧讌朋念佳とりあえず系元気系いやし系恋愛系バカップル系子育て系ペット系
グルメ系レシピ系ダイエット系自慢系グチ系オシゴト系観察系
旅行系釣り系映画系音楽系スポーツ系ゲーム系アニマン系
ちとエエ話系今日の一句系ポエマー系小説系秘密系社会派系不幸系
闘病系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆54〜55才 1963(昭和38)年 札幌/小樽/室蘭在住 不定期休み 既婚 ◆離婚×1 ◆子供無し 車無し お酒を飲める 喫煙しない ギャンブルしない
◆趣味・興味: 音楽, 映画/ビデオ
作家QRコード
作家QR
 コード 
整然粛々と流るる河の如く、 心研ぎ澄まし太古の響きに身をゆだねたい。 自ずと分岐する河は数在れど、 逆流する河は無い。 源流を尊んで支流を生きるのが自然の摂理。 在りのままの歴史の中に応えがある☆
 
2018年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    

→最初の日記
→全部で955日記

私事で参考には為らないでしょうが、
一例として、

私は、中学に上がる頃から自分の事を『僕』と称するようになった

それまでは普通に[私]と称していた

切っ掛けは、、あのころ流行った[ウーマンリブ]と言う風潮に対する反発だったのかな…

そんな感情が思春期の複雑さと綯い交ぜになって、肩肘はってる女性と自分の間に一線を引きたかったのかもしれない

元々、数えるぐらいしかスカートを履かなかったけど、その頃の制服は意識してスラックスばかり履いていた

男性になりたかった訳じゃない

その頃の女性の在り方に同調したくなかっただけ

男勝りの女性にも女々しい女性にも成りたくなかった

遥か三十年前を思い出し邂考している

その時代背景、境遇で、人は彩りを変えていく

私が『僕』から[私]に戻ったのは、就職して二年が過ぎた頃

元々知り合いが居ない札幌では、なんの抵抗も無く自分の事を[私]と称する事が出来た

仕事をしている時の私は[私]であって『僕』では無いから

(ここの表現、紛らわしい。一般的には、仕事に従事してる時は『僕』であって[私]では無いから)

自分を『僕』と称する事は、私の自己主張

接客の場で、お客様に個人的な主張を押し付けるなんてナンセンスだから、何も考えずに[私]でいられた

なのに、地元に帰ると自意識が変わるのか、自分を『僕』で覆っていた

多分、その頃の私は、

[女性]である自分を今さら身内に晒す気恥ずかしさと戦っていたのかもしれない

[私=女性の一人称]と言う感覚だったから

そんな幼い感覚も、前の旦那と同棲し始め、身内に紹介する頃には消えていった



ところが、思いもよらない【新たな問題】が私の内面に生じた

前の旦那と同棲をして三年が過ぎた頃、彼が突然『別れよう。。』と電話をしてきた

その頃、自己啓発セミナーに填まってた彼の職場の社長は、彼ら従業員を合宿所に通わせていた

そんな集まりの中で、彼と釣り合う可愛くて華奢な女性と力を合わせる内に、彼の気持ちが彼女に傾いた

その時期の私は、父が亡くなり、彼と暮らす札幌と実家のある道東を行き来していた

一つ所に落ち着けない私

彼が新しい恋を始めても仕方がなかった

今の私なら快く送り出してあげられるけど、その頃の私は若かった

何よりも、住む場所を失いかけていた

父が亡くなり、『戻ってきて店を手伝え』と私に言った母は、

父の三回忌を終えて間も無く、隣り町の男性と、お見合いをした

とんとんと話が纏まり、二人は、私の実家で暮らす事になった

(相手の家は、息子さん夫婦に譲ったみたい)

そこで、必要が無くなった私を厄介払いしたくなった母

それと時を合わせる様に札幌の彼から別れ話

目眩がしたけど、倒れていられる場所も無い

『殴られようが蹴られようが齧りついて帰ってくるな』と私を送り出した母と連れ合い

『二度と実家には戻れない!!』と寂しい誓いを胸に故郷を後にした

彼と暮らす家に戻った私は、翌日、近所で仕事を決めた

[これで又、彼と一緒に暮らせる]と喜んだのも束の間、

彼は『お前とは暮らせない』の一点張りだった

行き場を失った私は、彼の御両親に頼み込んで居候させて貰った

そして、決まっていた就職先にお詫びをし、彼の御両親の家の近くで就職をした

なんとも図々しい人間だが、その時の私には、こんな方法しか思いつかなかった

彼の気持ちは時間が解決してくれると思ったので、そこには触れず、新しい仕事と暮らしに頭を向けた

彼の御両親は細かい事を気にせず私を受け入れてくれた

[本当に有り難く、感謝の気持ちと、離婚してしまった申し訳なさが頭を過る]

それから一年も経たない内に、彼から『俺達も結婚するか!?』との電話を受けた

何故いつも大事な事を電話で告げるんだ?と思いながらも承諾した

前の旦那も、今の旦那も、周りの友人や同僚達が結婚していくのを見て、そろそろ自分も!と思ったみたい

男性も、女性と変わらないね

そんな流れで結婚した二人

結婚後は、家を借りて二人で暮らした

ここで本題の【新たな問題】が生じた

旦那のお父さんとお母さんの事を『おじさん』『おばさん』としか呼べない私がいた

頭では『お義父さん』『お義母さん』と呼ばなくては!!と思うのだけど、、どうしても呼べなかった

多分、甘えの一種だと思うのだけど…

未だに、あの頃の自分の気持ちが解せない

相手に対しても、自分に対しても、呼びかけ方って、その人の拘りが含まれていると思う

時には、本人にも解せない拘りが…



長くなってしまったけど、もう一例も書こうかな?

私が、ポエムを綴る時に『僕』と自称し『君』と呼びかける理由

今まで深く考えた事は無かったけど、多分、、

自分の深い(熱い)想いをライトに伝えたいから

[私][貴方]と表現すると、男女の練っとり感が出てしまうかもしれないし、

そんな感情は介入させたくないから

[私]を『僕』と称する事でワンクッション置き、自分から一歩引く事が出来るので、冷静に気持ちを表現できるから

私の場合は、↑こんな理由でポエムに『僕』を使っているのだろうと、今、検証してみました

で、遡って自分のポエムを読んでみたけど…

あれぇ〜?私、そんなにポエム書いて無いじゃん

と言う事で、お節介なおばさんは退散します

ヽ(´▽`)/ならいば♪

2011/1/18   15:16  

観察系日記

つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています